業者

水のトラブルで依頼する業者の選び方は?基本のポイントや見極め方について

水のトラブルが起きた時、自分で対処できない状況なら業者を呼ぶ必要があります。
業者であれば修理に手慣れていますので、難しい修理もすぐにおこなってもらえるため安心です。
とはいえ業者に頼る際は、適当に選んではいけません。
優良な業者もあればそうでないところもあり、どんな業者を選ぶかで支払う費用や修理の質が変わります。
それだけではなく悪徳業者が紛れ込んでいることもあるため、業者選びには慎重さが求められます。
後悔しないためには良い業者を見極めて頼むことが大事です。
業者選びにまつわるノウハウを解説します。

水のトラブルで業者を呼ぶ前にやるべきこと

急に水のトラブルが発生した場合、すぐに業者を呼んで対処してもらわなければいけないという点が、頭に思い浮かびがちです。
もちろん被害を抑えるためには早めに修理することが大事です。
ただしいきなり業者を呼ぶ前に、確認しなければならないことや自分で実施しておくべきことがいくつかあります。
知らずにいきなり業者を依頼してしまうと、失敗に繋がりやすいです。
業者を呼ぶ前にやるべきことを見ていきましょう。

水のトラブルで業者を呼ぶ前にやるべき事

賃貸は修理の可否を確認

賃貸の場合は、そもそも自分で業者を呼んで良いか確かめることから始まります。
規約によって自己都合での修理がNGとなっている可能性があるからです。
自分自身で勝手に修理をおこなうのはもちろんですが、業者を呼んでの修理も規約違反となってしまいます。
管理側からすると、勝手に修理をされてしまうと、きちんと不具合が直っているのか確認できないという問題を抱えることになります。

注意ポイント

そのため水トラブルが発生した際は、まずは業者ではなく管理会社や大家さんへの確認が必要です。
物件によっては指定の業者でしか修理できないこともあるため、自分で業者を手配してよいのか、可否について確かめましょう。

費用負担も確かめておこう

また賃貸ですと、水トラブルの修理に伴う費用が必ずしも自分持ちになるとは限りません。
状況によっては大家さんなど管理側が負担してくれることもあります。
よって修理費用の負担がどうなるのかという点を確認するためにも、いきなり業者を呼ぶのではなく管理会社や大家さんに連絡を入れた方が良いです。

主婦
修理費用が自己負担とならないのは、どのようなケースですか?
職人
経年劣化が原因で水トラブルが起きた場合など、自分に過失がない場合ですね

万一知らせずに勝手に修理を依頼した場合、本来なら費用負担しなくて良いケースでも、修理費用が自己負担となる可能性もあります。
損しないためにも、賃貸の場合は最初に管理側に状況を知らせるのが鉄則です。
また賃貸ではなく分譲マンションの場合も管理組合へ連絡を入れた方が無難です。
集合住宅で水トラブルが起きると他の住戸に影響を与えることもあるため、トラブルを避けるためにも一報を入れるのが望ましいでしょう。

水漏れの場合は止水栓を閉じる

水漏れしている場合、業者探しをする前にまずは水漏れを止めましょう。
特に激しい水漏れですと、深刻な二次被害に発展するリスクもあります。
そうならないためにも早めに水漏れを止めることが第一です。

ポイント

蛇口の止水栓を閉めれば、一旦水漏れは収まります。

止水栓では各水栓の水量調整が出来るため、完全に閉めて水が流れないようにしましょう。
水漏れが収まってから業者選びをおこなうことが大事です。

元栓を閉めても良い

設備によっては、止水栓が付いていないタイプもあります。
また止水栓の故障で水漏れしている場合は、止水栓を閉めることができません。
他にも止水栓が見つけられない時など、止水栓を閉鎖できない状況にある場合は、代わりに元栓を閉めましょう。
元栓は止水栓とは異なり、各設備に付いているわけではありません。
水道の元栓は各家庭に1つです。
主に一戸建てですと屋外のメーターBOX内にあるのが一般的です。
集合住宅は玄関ドア横のPSにあることが多いですが、一戸建てと同様に屋外に設けられていることもあります。

注意ポイント

元栓を閉めても水漏れは収まりますが、元栓を閉めると全ての蛇口が使えなくなります。
閉鎖する前に水の汲み置きをおこないましょう。

家財道具を動かそう

業者が到着する前に、家財道具の移動もおこなう必要があります。
水漏れ状況によってはあっという間に水浸しになることもあり、慌てて家財道具を動かしていたのでは間に合いません。
濡れてしまいそうな場所に置いてある際は、早めに動かしましょう。
水漏れした場合、壊れた水栓の修理費用はもちろんですが、家財の損失分まで補うとなるとかなりの負担です。
経済的な負担も二次被害の一つですから、被害状況を軽くするためにも水に濡れない場所へ移動させましょう。
もし家財道具が重くて動かせない場合は、ビニールシート等をかぶせて一時的に防ぐのが望ましいです。

自分で修理できないか考える

水のトラブルが起きた場合、そもそも自分で直せる余地はないか考えることも大事です。
つまりや水漏れが生じても、軽度な場合ですと自分で対処できる場合もあります。
業者に依頼した場合と自分で修理する時の費用負担は大きく異なります。
自分自身でおこなうのであれば部品代の数百円~数千円程度で収まりますが、業者へ頼むとなると出張費や人件費がかかるため数万円ほど支払わなければいけないケースもあるかもしれません。
もちろん状況によっては業者の力が必要不可欠ですが、一度は自分自身で修理できないか検討してみましょう。

事前の準備がいざという時に役立ちます!

軽いつまりならアイテムを使うと直ることも

軽いつまりであれば、つまり解消アイテムを使えば直るケースも多いです。
主なつまり解消アイテムとして、以下があります。

つまり解消アイテム 特徴
液体式パイプクリーナー 薬剤を排水口に流し込むことで、つまりを解消するアイテム
ラバーカップ 水圧をかけてつまりを押し戻すことで、つまりを除去する
真空式パイプクリーナー ラバーカップの強力版
ワイヤーブラシ つまりを直接削り取ることができるアイテム

液体式パイプクリーナーとラバーカップは、スーパーやドラッグストアでも購入可能です。
価格は液体式パイプクリーナーが数百円程度、ラバーカップが1000円~2000円程度となっています。
ラバーカップにはいくつか種類があるため、排水口の形に合うものを選びましょう。
真空式パイプクリーナーとワイヤーブラシの主な購入先は、ホームセンターやネットです。
どちらも2000円~3000円程度で販売されています。

軽いつまりならつまり解消アイテムで直せる!

水漏れ原因が蛇口パーツの劣化なら修理で直る可能性も

水漏れも、パーツの劣化が原因でチョロチョロと水が垂れている程度であれば自分で直せます。
パーツ交換にて対処しましょう。
劣化しやすいパーツとしては、ゴムパッキン等があげられます。
ハンドル水栓のパッキン交換の手順は次のようになります。

簡単な流れ

  • 止水栓を閉めて水の流れを止める
  • ネジを緩めハンドルを外す
  • スピンドル固定ナットを緩める
  • スピンドルを外す
  • 古いコマパッキンをピンセットなどで取る
  • コマパッキンを新しいものに替える
  • 逆手順で組み立てる

注意ポイント

簡単なパーツ交換程度なら自分で対処できますが、給水管に問題がある場合や激しい水漏れの場合は業者を呼びましょう。

シングルレバーの内部パーツ交換手順

水のトラブルにおける業者の選び方!見ておくべき基本ポイントは?

自分の手に負えないような水のトラブルが起きた場合は、迷わず業者を呼ぶべきです。
とはいえ水道業者を呼ぶ機会は滅多にないですから、何を基準に選べばよいのか迷うかもしれません。
そこで業者選びをする際にチェックしたおきたい基本ポイントを紹介します。
業者の良し悪しで満足度が大きく変わることも少なくないですから、細かな点も妥協せずに確かめておくことが大事です。
選び方のポイントを解説します。

料金

まず確かめておきたいのが料金です。
水道業者に依頼した際の修理費用は、業者によって大きく異なります。
修理費用は業者が自由に決められるため、安いところもあれば高いところもあります。
そのため、同じ修理をおこなったのに価格が違うのはよくある話です。
料金はホームページなどに記載されていますので、確認しておきましょう。
水道修理の費用は、主に以下の項目で構成されていることが多いです。

水道修理費用の内訳

  • 基本料金
  • 作業代
  • 出張費
  • 部品代

業者によって設定している項目はさまざまですが、単に基本料金が安くても、他の項目で費用請求してくる場合もあります。
総額としてどのくらいの費用がかかるのかという点を、念入りに確認しましょう。

事前見積もりの有無を確かめよう

水トラブルの状況によって修理内容は変わります。
修理内容が異なれば当然費用にも違いが出てくるため、現場に駆けつけて現況を確認してからでないと正確な料金は出せません。
事前見積もりをきちんとおこなってもらいましょう。
プロですから、必要な修理はおおよそ検討が付きます。

ポイント

事前見積もりを提示してくれない業者は、優良業者とは言えません。
金額をあやふやにしたまま作業を行い、ボッタクリ料金を請求してくるような悪徳業者も存在します。
事前見積もりをきちんとおこなってくれるかという点も、しっかり確認するようにしましょう。

水道業者に依頼した際の費用相場は?

水道修理の費用は業者によりけりですが、安いところが必ずしも良いとは言い切れません。
安すぎる金額ですと手抜き修理をされるなど、何かしら訳ありの可能性があるからです。
よって大事なのは適正価格でしっかりと修理してくれる業者を見つけることです。
そのためには、自分自身が適正価格を把握しておく必要があります。
前述のように水道修理の費用は業者によって差が大きいですし、修理内容によりけりという部分もありますが、おおよその相場は以下になります。

水トラブルの修理内容 おおよその費用相場
水漏れにおけるパーツ交換 10,000円程度~
単水栓の蛇口交換 15,000円程度~
混合水栓の蛇口交換 25,000円程度~
簡単なつまり除去作業 8,000円程度~
トーラーを使ったつまり除去作業 20,000円程度~
高圧洗浄機を使ったつまり除去作業 30,000円程度~

状況によっては追加工事などが必要な場合もあるため、必ずしもこの範囲で収まるとは限りませんが、目安として知っておくとよいでしょう。
正当な理由なく、明らかに相場よりも高値を請求してくる場合はボッタクリ業者の可能性もあります。(見積時に必ず作業内容と料金の説明をしてもらいましょう)

対応エリア

業者の選び方において、対応エリアも確認しておきたいポイントになります。
全国に支店があるような業者であれば幅広いエリアをカバーされていますが、地元密着型の業者ですと対応エリアが限られています。
そのため自分の住まいが対応エリアに入っているかという点を確かめなければいけません。
全国展開している業者でも、異なる管轄の支店に頼んでしまわないよう注意が必要です。
また、たとえ対応エリアに入っていたとしても、事務所から距離が離れると追加料金がかかるケースもあります。
自宅までの距離が遠い場合、駆けつけてもらえるスピードも遅くなるでしょう。
緊急性の高い状況ですと、やはり近い方が何かと有利です。

ポイント

水道業者を選ぶ際は、なるべく近場の業者を選ぶことを心がけましょう。

サービスの充実具合

サービスの充実具合も、水道業者によりけりです。
たとえば土日対応をおこなっていたり、24時間受け付けてもらえるなど、利用者にとって嬉しいサービスをおこなっている業者も多いです。
他にも早割設定をすることで、急ぎではない修理ですと安く見てもらえる業者などもあります。
また、アフターサービスについても見ておきたい項目です。

お支払い方法の豊富さ

サービスの充実具合に付随して、どのようなお支払い方法に対応しているのかという点も、見ておくと安心です。
水のトラブルは予期せず生じることがほとんどです。
急に水漏れやつまりが起きた場合に、必ずしも現金を持ち合わせているとは限りません。
水トラブルの対応をおこなう合間に、ATMでお金を下ろすのは手間ですし大変です。
クレジット決済できる業者であれば、急を要する修理でも安心して頼むことができます。
また、水道修理は場合によって高額になるケースも多いです。
ローンを組めるなど、さまざまな支払い方法に対応している業者の方が、利用しやすいのは間違いないでしょう。

修理実績

肝心の技術力も業者によって大きく差が出る部分です。
実際に修理をしてもらうまで技術力は判断できませんが、情報を集めておくことで技術力に長けている業者を選ぶことができます。
技術力に自信がある業者であれば、ホームページでこれまでの修理実績を載せているはずです。
年間でどの程度の修理を手掛けているのか、どのような修理を得意としているのか見ておきましょう。

主婦
他にも技術力を判断するために確認すべきポイントはありますか?
職人
有資格者が常駐しているかという点も確かめると安心です。また老舗の業者であればこれまでのノウハウがありますから、ある程度の技術力は期待できるはずです

業者の態度

業者の態度も、業者選びをする上での重要な判断材料となります。
普通の業者であれば、きちんとした態度で対応するのは当たり前のことです。
逆に態度があまりにも横柄な場合には、注意する必要があります。
電話受付時の言葉遣いや、駆けつけてくれたスタッフの身なりなども確認しましょう。
あまりにも態度がひどい業者は、残念ながらお客様目線に立っている業者ではありません。
修理にあたってこちらの要望に聞き耳を持たない可能性もありますから、納得のいく修理ができなくなってしまいます。
態度に違和感を覚える場合は、お断りを入れましょう。

水道業者を頼む際の注意点や見極めるためのコツ

水道業者を頼む際の注意点や見極めのコツ

水道業者に依頼する際にも注意点があります。
普通の水道業者だけではなく、業者の中には悪徳業者も存在します。
悪徳業者に引っ掛からないためにも業者を見極めるコツを知っておくことが大事です。
詳しく見ていきましょう。

修理依頼する時間帯も気を付けよう

急に水のトラブルが発生した場合は余裕がなくなるため、時間帯を気にせず業者を呼んでしまいがちです。
しかし深夜や早朝に駆けつけてもらうと、追加料金を取られることがあります。
追加料金の設定は業者によりけりですが、3000円程度の加算となるため、大きな痛手です。
水漏れですと前述のように止水栓を閉めれば応急処置ができます。

ポイント

夜に水漏れした際は応急処置にてその場を凌ぎ、日中まで待ちましょう。

もちろん、追加費用を支払ってでも速く駆けつけてもらいたい場合は、時間帯を気にせず業者を呼びましょう。

受付は電話がおすすめ

自宅に来てもらう時間帯は深夜や早朝を避けるのが望ましいですが、受付に関しては基本的にいつでも問題ありません。
水のトラブルが起きたらなるべく早く受付を済ませ、希望する時間帯を指定するのがベストです。
受付方法としては、電話もしくはメールが一般的です。
ただしメールですとすぐに開封してもらえるとは限らず、受付が遅くなってしまうことがあります。
またメールの確認後、いたずら防止目的や状況の詳細を聞くため、電話にて折り返しをおこなう業者が多いです。
結局電話確認が出来てから受付という流れになりますので、最初から電話で申し込んだ方がスムーズです。
最近では24時間電話対応をおこなっている業者も多いですから、水トラブルが発生したら電話にて依頼しましょう。

悪徳業者に要注意

業者の中には悪質な手口で費用を請求してくる悪徳業者も存在するため、選ぶ際には注意が必要です。
悪徳業者は下記のようなパターンで高額請求してきます。

悪徳業者高額請求のパターン

  • 必要のない修理をあたかも必須なように勧めてくる
  • 部品が入手できないと嘘を付き、本体交換で対処しようとする
  • 電話における見積もりと現地確認後の見積もりが大きく異なるため断ったところ、高額な出張費を請求してくる
  • 必要のない項目で費用を上乗せしてくる

いずれにしろ十分な説明をおこなわないまま、当然のように費用請求してくるというパターンが多いです。
悪徳業者の手口も巧妙化しているため分かりにくい場合もありますが、あまりにも高圧的に迫ってくる際は注意しましょう。
悪質な手口に引っかかることのないように、自分でも知識をつけたり業者をよく確かめてから依頼することが大事です。

相見積もりを取って相場観を養おう

悪徳業者を避けるためには、相見積もりを取って相場観を養う方法が有効です。
1社しか見積もりを取らないと、果たしてその金額が適正価格なのか判断が付きません。
複数社の見積もりを見比べれば、どの程度の料金なら妥当なのか考えることができます。
あまりにも相場からズレた業者へ依頼してしまうことを避けられますので、相見積もりを取ることで失敗を減らせます。
ただし前述のように、業者の中には見積もり後に断るとキャンセル料を請求してくるところがあります。

注意ポイント

中にはキャンセル料は無料と言いながら出張料を請求してくるような悪質な業者もあるため、注意が必要です。
見積もり後のキャンセルにおける規定はどうなっているのか確かめてから、相見積もりをおこないましょう。

水道局指定工事店か確かめる

水道局指定工事店になっているか確かめるのも、悪徳業者を避ける方法の一つです。
基本的に給水管などの水道工事をおこなう際は、自治体の認定を受けた業者しかできない決まりとなっています。
水道法で定められていることですから、認定を受けていない水道業者がおこなう工事は違法行為です。
そのため普通の業者であれば、きちんと水道局の認定を受けているはずです。
悪徳業者か判断する材料の一つになりますので、水道局のホームページから認定の有無を確かめましょう。

ネット情報も調べよう

優良な業者なのか見極めるためには、ネットの情報も確認しておくと安心です。
頻繁に依頼を受けている業者であれば、口コミ情報がサイトやSNSで見つかるはずです。
実際に利用した人の感想を知れば、どんな業者なのか見極める材料になります。
一方で口コミ情報が全く出てこない場合は、少し注意しなければなりません。
得体の知れない業者の可能性がありますので、きちんと業務をおこなっていないことも考えられます。
また、ネット上の情報も全て正しいとは限りません。
信憑性のない書き込みもありますから、鵜呑みにはしすぎないようにしましょう。

職人
ホームページがあまりにも簡素な作りの場合も、注意が必要です
主婦
なぜでしょうか?
職人
実態が分からないため、まともな業者ではない可能性があるからです。きちんとした会社であれば顔出しをおこなうなど、利用者が安心できるよう作りこんだホームページとなっていることが多いです

まとめ

業者を呼んで修理する場合、いきなり依頼する前にやるべきことがいくつかあります。
止水栓を閉めて水漏れを止めたり、賃貸ですと修理可否を確かめるなどの下準備をおこなうのが先決です。
状況が一旦落ち着いたら業者選びを開始する流れとなりますが、十分に業者を確かめてから正式依頼をしましょう。
業者にもいろんなところがあるため、選ぶ業者によって満足度は大きく変わります。
悪徳業者もいますので、見積もりに不明瞭な点がないかなど、しっかりと見極めなければなりません。
また業者に依頼する時間帯も平日の日中にするなど工夫をおこなうことで、費用節約に繋がります。
少し手間をかけて業者選びをするだけで、良い業者に出会えます。
水のトラブル発生時は大変な状況ではありますが、後悔しないためにも落ち着いて対処することが大切です。

おすすめ記事

1

水回り器具メーカーの最大手といえばtoto、その名は今や日本国内にとどまらず世界各国でのシェアも拡大し続けています。 100年以上の歴史の中で築き上げてきた信頼性は製品の中にも表れ、常に時代のニーズを ...

2

トイレを利用した後、タンクから流れる水で手を洗うことのできる便利な手洗い管ですが、ここから水漏れを起こすことがあります。 トイレタンクの手洗いから水漏れしているようだと気づいたら、今すぐできる対処方法 ...

-業者

© 2021 水道職人の教科書