つまり

庭の排水溝つまりの原因は?つまり除去の修理方法や予防対策まとめ

2021年4月13日

庭の排水溝がつまる原因は、屋内でつまりが起きた場合と若干異なります。
屋内ですと、生活起因の汚れによってつまることが多いです。
一方屋外の場合は、生活起因の汚れが原因のことももちろんありますが、木の根や土砂によってつまりが起こることも考えられます。
経年劣化によって排水管の接続部分などに僅かな隙間が生じると、そこから入り込んでしまうからです。
また配管の勾配変化が原因でつまりが生じることもあります。
つまりの原因となっている汚れなどを排水枡から取り除けば問題が解消することが多いですが、場合によっては業者の力が必要です。
庭の排水溝でつまりが起きた時の修理方法に関してご紹介します。

庭の排水溝がつまる原因は何?

家の中にある排水溝がつまるのと同じように、庭の排水溝がつまることもあります。
ただし、屋内と屋外ではつまりの原因が微妙に異なります。
家の中では起こりえないような理由でつまることもあるため要注意です。
庭の排水溝でつまりが起きた場合、屋内の排水溝まで影響が出てくることは珍しくありません。
たとえばキッチンの流れが悪くなったり、ひどい場合ですと水漏れの原因にもなります。
よって屋外といえども放置することなく早めの対処が肝心です。
まずはなぜ庭の排水溝がつまるのか見ていきましょう。

屋外のつまりは排水枡をチェックする

屋外のつまり発生!排水桝をチェック!
屋外でつまりが起きているか確認するには、排水枡のチェックをおこないましょう。

主婦
排水枡とは何ですか?
家の中で使用した後の汚水や雨水などを一時的に貯めておく場所です。排水枡でゴミと水を分離し、排水本管には水だけが流れていくようになっています
職人

もし排水枡がなければ、排水管で詰まりが起きた際に毎回地中を点検することになり手間がかかります。
排水枡が点検口の役割を兼ねており、排水枡の状態をチェックすることで詰まり具合を確認できるようになっているわけです。
基本的にはお風呂やキッチンなど水回り設備に応じた排水枡が、屋外に用意されています。
一方で近年の住宅ですとそれぞれの設備ごとに排水枡を設けず、1か所だけに集約されている場合もあります。

排水桝とは

排水枡の種類

排水管の点検や清掃のために設けられている排水枡ですが、いくつか種類があります。
庭に数か所ほど設置されている排水枡は、それぞれ用途が異なっており、用いられている場所も違います。
排水枡の種類と特徴は、以下の表の通りです。

桝の種類 特徴
汚水桝 キッチンや浴室などにおける生活排水用の桝
雨水桝 屋外の雨水集約用の桝
泥溜桝 雨水によって運ばれた泥や砂を集約するための桝
公共桝 公共の排水に接続する部分に設置された桝

このように屋外には数か所ほど枡が設けられているため、どこの枡で詰まりをおこしているかによって、詰まりの原因は変わってきます。
まずは詰まりが生じている枡を探し出さなければいけません。

排水枡つまりの原因は?

庭の排水溝がつまる原因はいくつかあります。
単に日常における水回り設備使用時の汚れが原因なこともあれば、木の根や土砂など屋外に起因した問題の場合もあります。
また衝撃による勾配変化など、一筋縄では問題を解決できないような理由までさまざまです。
どんな原因によってつまりが生じているのかにより、修理しやすさは変わってきます。
汚れを清掃するだけで直ることもあれば、排水管の交換など大がかりな工事が必要になることも考えられます。
主なつまりの原因について、掘り下げて見ていきましょう。

下水詰まりの主な原因はどのようなもの?

木の根つまり

木の根でつまりが発生することがあります

排水枡がつまる原因として多いのが、木の根によるものです。
排水溝や枡は隙間なく見えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
木の根はパイプの隙間などわずかな穴からも侵入可能です。
特に枡の材質がコンクリートですと、木の根が入ってきやすいと言われています。
コンクリートは経年劣化で壁が薄くなるため、ひび割れなどを起こすことがあります。
ちょっとした亀裂から木の根が入り込むのはよくある話です。
元々木の根は水がある方へと生育する性質があるため、排水管や枡の近くに木が植わっている場合は注意しなければなりません。

ポイント

軽度の木の根つまりであれば取り除くことでつまりは収まります。


ただし再度根が伸びると、また木の根が入り込む可能性があるため、根本的な解決にはなりません。
木の場所を変えるか、排水管や枡の亀裂を補修する必要があるでしょう。

土砂によるつまり

土砂が原因で排水枡がつまりを起こすこともあります。
強い雨風の後は、土砂や泥が排水管に混ざりこむことは珍しくありません。
木の根つまりと同様に、細かな砂は僅かな隙間からでも侵入可能です。
コンクリート枡の場合は、コンクリートの砂がはがれ落ちるのも、土砂が溜まる一因です。
湿り気のある土砂が蓄積されると、水の流れが停滞する直接的な要因となってしまいます。
雨水枡でつまりが起きている場合ですと、土砂によるつまりの可能性が高いです。

注意ポイント

また雨水枡以外でも、蓄積された土砂に汚れがくっ付くことでつまりを引き起こす場合もあります。


いずれにしろ水の流れをよくするために、土砂を取り除きましょう。

衝撃による勾配変化

木の根や土砂が内部に入り込んでいるからではなく、排水管自体の問題でつまりが生じることもあります。
通常、排水管の勾配はゆっくりと下るような角度で、公共の下水まで敷かれています。
しかし自然災害など強い衝撃が加わった際は、この勾配が変わってしまうことがあるのです。
たとえば地盤沈下が生じると、排水管が逆勾配となり水が停滞する要因になります。
傾斜がないと下水まで水が運ばれていかないため、ちょっとした汚れが蓄積するだけでもつまりが起こりやすいです。

注意ポイント

また、排水管内部に錆コブが出来て勾配が変化することもあります。
排水管が金属ですと経年劣化により少しずつ錆が溶け出し、内部にコブをつくるのですが、コブがあることで水の流れる角度に変化が生じます。


そのため排水管内部の勾配が変わり、水が下るような傾斜をつくれなくなるのです。
このような勾配変化が原因の場合は、配管自体を敷き直すことになる可能性が高いです。

日々の生活に起因した汚れ

特別な理由がなくても庭の排水溝がつまるケースもあります、
普段水回り設備を使っているだけでも、使い方次第では汚れが蓄積されていきます。
汚れの状態がひどくなれば屋外の排水にてつまる可能性も十分にあるため、普段の水回り設備の使い方が原因かもしれません。
とはいえ水回り設備によって、つまりを引き起こす汚れの種類は若干異なります。
たとえばキッチンですと油汚れや食べカスがつまりの主原因となりやすい一方で、トイレですと大量のトイレットペーパーや流せるお掃除シートなどが原因となりやすいです。

トイレットペーパーの詰まり

主婦
浴室や洗面台ですと、何がつまりの要因になりやすいですか?
その2か所ですと圧倒的に髪の毛が原因のことが多いですね。洗剤などの汚れに髪の毛や体毛がくっついて、大きな汚れを形成しているパターンです
職人

庭の排水溝がつまった時の修理方法は?

庭の排水溝がつまった場合、放置してしまうと状況が悪化する可能性が高いです。
木の根つまりですとどんどん生育してさらに絡まり合いますし、油汚れなども冷えることで固まって対処しにくくなります。

ポイント

時間が経つほど修理するのが大変になるため、早めにつまり除去をおこなうことが大切です。


軽いつまりであれば自分でも直せるため、手順を押さえて修理を実施しましょう。

まずは排水枡を見つける

庭の排水溝でつまりが起きた場合、まずはつまりが発生している箇所を見つけなければなりません。
その際にチェックするのが、点検口の役割を果たしている排水枡です。
排水枡を道路から近い順に、1か所ずつ状態をチェックしていきましょう。
汚水が蓄積された排水枡と汚水のない排水枡があった場合、そこを繋いでいる排水管内でつまりが生じていることになります。
つまりが起きている箇所が特定できれば、後述する手順にてつまり除去をおこないましょう。
屋外の排水でつまりが生じた際は、このように1か所ずつ目視で確認していくしかないため大変ですが、道路に近い箇所からチェックしていくことで無駄なく確認することができます。

排水枡の蓋の開け方

排水桝の蓋の開け方は素材によって違う

つまりのチェックをするためには、排水枡の蓋を開ける必要があります。
地中に埋まっている排水枡の蓋をどのようにして開けたらのよいのか、初めての人ですと少し戸惑うかもしれません。
汚水と書かれている枡と雨水と書かれている枡があるものの、開け方における違いは基本的にありません。
蓋の開け方は、素材によって異なります。
まずは庭にある排水枡がどの素材なのか見極めなければなりません。
素材ごとの開け方について、掘り下げて見ていきましょう。

塩ビ製の場合

近年の住宅ですと、塩ビ製の蓋を用いていることが多いです。
塩ビとは塩化ビニルの略称ですが、配管などにも使われている使い勝手の良い素材になります。
錆びつく心配が少なく耐久性に優れているのが魅力です。
そんな塩ビ製の蓋の開け方として、蓋の両端に溝があるため、マイナスドライバーを差し込みましょう。
マイナスドライバーを差し込んだまま上に押し上げると、開くようになっています。
ただし、中にはターンアップ式と呼ばれる、マイナスドライバーで開けられないタイプのものがあります。

注意ポイント

ターンアップ式は専用の工具が必要となるため、排水枡のメーカーから購入しなければなりません。


もしくはホームセンターで販売されている排水溝用のレンチも、サイズが合えば使えます。
工具を穴に差し込み回すことで、ターンアップ式の蓋を開けることが可能です。

鋳鉄製の場合

鋳鉄でつくられた蓋は、塩ビと違い開けるのがやや大変です。
マンホールフックと呼ばれる、先端が尖っている形状の工具を使うため、ホームセンターなどで購入しましょう。
蓋の穴部分にマンホールフックを引っ掛けて持ち上げると、開くようになっています。
ただし鋳鉄製の蓋は、固着により開かなくなっているパターンが多いです。
特に長年開けていない場合ですと、固着がひどいです。
そのような場合はマンホールフックで持ち上げながら、蓋の端をハンマーなどで軽く叩きます。

注意ポイント

固まっている錆を取るような感じで複数回叩くと良いのですが、力を入れすぎると蓋が壊れるため、力加減に注意して下さい。

コンクリート製の場合

コンクリート製の排水桝

古い住宅の場合、排水枡の蓋がコンクリート製になっていることもあります。
コンクリート製のものは、蓋に取っ手が付いているため、そちらを持ち上げれば簡単に開きます。
ただし、経年劣化が進んでいる蓋の場合、錆によって取っ手が取れてしまっていることもあります。
また蓋の隙間部分に細かな砂が入り込むと、簡単に持ち上げられません。
その際に役立つのが、バールと呼ばれる工具です。
こちらを蓋の隙間に差し込んで動かすと、蓋を開くことができます。
バール1本ですと力を十分にかけにくいですから、2本用意して動かした方がやりやすいです。

排水枡の掃除方法

排水桝と排水管を掃除する方法!

排水枡と排水管の掃除方法は以下です。

排水桝・排水管の掃除方法

  • 排水枡を見つけて蓋を開ける
  • スコップなどを使い、汚れを取り除く
  • 取り除いた汚れはビニール袋などに入れて密閉する
  • ゴミをある程度取り除くとエルボが出てくるため、外す
  • さらにスコップが排水枡の底にあたるまで、汚れを取り除いていく
  • 排水管内部にも汚れが付着している場合は、そちらの掃除もおこなう
  • ホースで水を排水管内部に送り、汚れを落としていく
  • 汚れが強力な場合はトーラーを排水管に差し込み、つまりを削り落としていく
  • 洗浄が完了したら再びエルボを付け直し、蓋を戻せば完了

 

ポイント

ポイントとしては、根気強く汚れを取り除いていくことです。
汚れが固まっているとスコップなどでは取りにくい場合もありますが、固い工具などを使って先端から削り落としていくのがコツでしょう。

また排水管内も掃除する際は、傷つけないように注意してください。
トーラーを強く押し当ててしまうと配管が痛む原因となりますので、扱いなれていないようなら業者に依頼することも検討しましょう。

掃除の際に準備する道具

庭の排水溝を掃除する際には、以下の道具を準備しておく必要があります。

準備する掃除道具

  • ゴム手袋
  • スコップ
  • 作業着
  • マスク
  • マイナスドライバー
  • 散水用ホース
  • ビニール袋

排水枡を掃除する場合、汚水がかなり飛び散ります。
服などに付くため、汚れても良い服装で作業をおこないましょう。
また汚水はニオイも強烈です。
もし服などに付いた場合、他の洗濯物と一緒に洗濯をするとニオイが移る懸念もあります。
よって汚れが付着した衣類は分けて手洗いをおこなうのがおすすめです。
作業するにあたっては、髪もしっかりとまとめアクセサリー類は全て外しておきましょう。

庭の排水溝つまりの予防対策は?

庭の排水溝でつまりが生じると非常に厄介です。
そのため大がかりなつまり除去をおこなわなくて済むように、普段から予防をしっかりとおこなっておく必要があります。
予防対策として、こまめに清掃するのが最も有効な方法ではあります。
目安としては半年~1年に1回程度は排水枡のお手入れをおこなうのが望ましいです。
つまりの状態がひどくなるほどお手入れが大変になるため、その前の段階で汚れを取り除きましょう。
また、そもそも日頃の水回り設備の使い方に気をつけることも大切です。
生活起因の汚れは間違った使い方をしないように心がければ、ある程度つまりが起きるのを回避できます。
トイレを使う際は少しずつ流したり、調理器具に付いた油はきちんと拭きとってから洗うなど、日々綺麗に使用するのが何よりの予防対策でしょう。

油汚れはふき取ってから掃除しましょう

定期的にパイプクリーナーや重曹などで、つまり予防をおこなっておくのも有効です。
こまめに排水管の状態を綺麗にし、水がスムーズに流れる状態を保ちましょう。

庭の排水溝つまりを予防する方法!

庭の排水溝のつまり除去を業者に依頼する際の費用と業者選び

庭の排水溝のつまりは、排水枡の汚れを掻き出すくらいなら自分でも対処できます。
しかし排水管内で汚れがこびりついている場合など、状態が良くない場合は業者の力が必要です。
業者にお願いするとなると費用が高くなりがちなため、節約するうえでのポイントを押さえておくとよいでしょう。
選ぶ業者次第で金額が変わることも珍しくないため、きちんと相場を把握し、適正価格で修理を請け負ってくれる業者を見つけましょう。

つまり除去の費用相場

つまり除去における費用は業者によりけりですが、おおよその費用相場はもちろんあります。
下記の表をご覧ください。

修理内容 費用相場
簡単なつまり除去作業 8,000円~15,000円
排水桝の交換 30,000円~40,000円
トーラー作業 20,000円~40,000円
高圧洗浄 30,000円~50,000円

汚れの状態によって費用は変わり、頑固なつまりになるほど費用が高くなります。
頑固なつまりですと薬剤では除去できず、トーラーや高圧洗浄などの機材投入をしなければなりません。
また、詰まっている箇所までの距離が長い場合は、コードを延長することもあります。
コードの追加が必要な際は料金加算となるケースが多いため、つまりがどこで起こっているかというのも、料金を左右する要因になりやすいです。
他にも修理依頼を夜間や早朝におこなうと深夜料金が発生することがあります。
またエリアによる追加費用などもあるため、どのような費用が加算されるのかよく確かめてから依頼しましょう。

業者選びで気をつけること

庭の排水溝つまり除去を業者に依頼する場合、業者をよく選ぶ必要があります。
と言いますのも、業者によって良し悪しがさまざまだからです。
一見すると水道業者はどこに頼んでも同じことのように感じるかもしれませんが、決してそうではありません。
修理料金の設定も異なれば技術力の差もあるため、選んだ業者によって当たりはずれが大きいです。
優良な業者であれば技術力に長けており、値段も良心的です。
一方で悪質業者まがいのところですと、相場からズレた金額を請求してくることも珍しくありません。

ポイント

つまり除去の修理を完璧におこなってもらえないこともあるため、妥協せずに業者を選ぶべきでしょう。


業者選びの際に気をつけるポイントを、いくつかご紹介します。

近場の業者を選ぶ

業者選びをする際は、近場の業者を選ぶのがおすすめです。
近場の業者であれば、単純に早く駆けつけてもらえます。
深刻なつまりを引き起こしている場合、水回り設備の使用にも影響が出てくるでしょう。
一刻も早く修理したいのであれば、やはり近場の業者を選んだ方が安心です。
また、アフターサービスなどを受ける時のことを考えても、近場の業者にしておきたいものです。
水道業者との付き合いが1回のみで終わるとも限りません。
修理後に点検してもらったり、また再度別の箇所に不具合が生じた時は、来てもらうことになります。
そんな時に遠くの業者ですと出張料金を取られてしまう可能性があるため、長い付き合いになることを考えると近場の業者を選んでおいた方が無難でしょう。

事前見積もりの有無を確かめる

事前に概算見積りを聞いてみましょう

水道業者を決める際は事前見積もりの有無をチェックしておきましょう。
事前見積もりとは、電話での受付段階で出してくれる概算見積もりのことです。
多くの水道業者では、現地に駆けつけて正式な見積もりを出す前に、話から推測したおおよその見積もりを出してくれます。
よって事前見積もりを出さずに現地まで来ようとする業者は問題アリですから、依頼を見合わせた方がよいかもしれません。
そもそも水回り修理の料金は、状態を確認してからでないと金額を付けにくいものではあります。
どんな修理が必要になるのか正確なことが分からないため、事前見積もりと正式見積もりの金額が変わることも珍しくありません。
それでもまともな業者なら話を聞くだけで、おおよその修理内容は想像出来ます。
お客様のことを考えて、だいたいの金額を伝えてくれるのが一般的です。

サービス内容まで比較する

金額に関しては比較しても、サービス内容まで比較する人は少ないのではないでしょうか。
出来ることならサービス内容まで見比べてから決めた方がお得ではあります。
業者によって実施しているサービスはさまざまです。
たとえばアフターサービスとして、無料で点検をおこなってくれる業者もあります。
また、修理後に不具合を起こした場合、きちんと保険に加入している業者ですと保険で修理を賄ってもらえます。
サービス内容が充実している業者の方が、利用における安心度が高いです。
よって料金だけでなくサービス面も踏まえてトータルで選びましょう。

主婦
他にはどのようなサービスがありますか?
たとえば適用できる保険のアドバイスをしてくれる業者などもありますよ。他にも1年保証を付けている業者もありますし、サービス内容はさまざまです
職人

相見積もりで相場観を養う

相見積もりを取りましょう
業者決めをする際は、相見積もりにて相場観を養っておくことが大切です。
相見積もりとは、複数社から見積もりを出してもらい、比較検討することです。
見比べることで相場費用がどのくらいなのか、感覚的に把握しやすくなります。
相場を掴むことができれば、相場から外れた料金を設定している業者を避けることができます。
不利益を被ることがなくなるため、相見積もりをおこなうのは有効な方法でしょう。

注意ポイント

ただし見積もり後にキャンセルすると、キャンセル料や出張料を請求する業者もあります。
よって相見積もりをおこなう際は、見積もり後のキャンセルが完全無料の業者を選ぶことが大事です。

まとめ

庭の排水溝つまりが生じた場合、排水枡から様子をチェックしましょう。
排水枡は排水管の状態を確認する点検口としての役割があります。
もし排水枡でつまりが起きているようなら、清掃してつまりを取り除かなければいけません。
スコップなどを使いつまり除去をおこなうのが一般的ですが、時間経過したつまりは固まっていることもあります。
そうならないためにも、予防対策として半年に1回程度は排水枡の掃除をおこなうことが大事です。
汚れが頑固な場合は工具で削り落とすことができるものの、力加減が素人では難しい場合があります。
無理に力を加えてしまうと排水管を傷つける可能性もあるため、状態が良くない場合は業者に頼むことも視野に入れましょう。
その際は複数の業者を良く見比べて選ぶことが、業者選びで失敗しないためのポイントです。

おすすめ記事

1

水回り器具メーカーの最大手といえばtoto、その名は今や日本国内にとどまらず世界各国でのシェアも拡大し続けています。 100年以上の歴史の中で築き上げてきた信頼性は製品の中にも表れ、常に時代のニーズを ...

2

トイレを利用した後、タンクから流れる水で手を洗うことのできる便利な手洗い管ですが、ここから水漏れを起こすことがあります。 トイレタンクの手洗いから水漏れしているようだと気づいたら、今すぐできる対処方法 ...

-つまり

© 2021 水道職人の教科書