業者

水道工事を業者に依頼する費用の相場は?良い水道屋の選び方とポイント

2021年4月13日

水トラブルが発生した場合、自分で対処しきれない状態なら業者へ依頼することになります。
とはいえ水道工事は金額が高くなりやすく、また業者次第で金額も変わってきます。
よってきちんと水道工事における費用相場を押さえておかないと、損をしやすいです。
業者の中には適正価格で請け負っているところもあれば、不当に高い金額を請求してくる業者も存在します。
金額が妥当なものか判断するためには、自分自身で知識を付けて見極めるしかありません。
ほんの少しポイントを知っておくと良い水道屋を見つけやすくなりますので、費用相場と業者選びに関して学びましょう。

水道工事を業者に依頼するときの心得と費用相場

水道工事を業者に依頼する場合、事前準備なくいきなり依頼するのは失敗の元です。
依頼する前にいくつかやるべきことがありますが、その一つが費用相場の確認でしょう。
水道業者によって修理にかかる費用は変わります。

注意ポイント

相場を知らずに依頼すると、適正価格ではない業者にお願いしてしまう可能性もあるため、損をしやすいです。


どのくらいの価格が妥当なのか、まずは相場に関して見ていきましょう。
また修理依頼前に、工事可否のチェックや応急処置も欠かせません。
併せてご紹介します。

水道工事の可否確認

職人
そもそもですが、物件によっては水道工事を自身の判断で業者に頼めない場合があります
どのような物件ですか?
主婦
職人
賃貸など集合住宅の場合です

賃貸にお住いの場合は事前確認が必須です

賃貸の場合は規約により改装を制限されていることが多いです。
修理に関しても制約が設けられているのが一般的ですから、勝手に水道工事を依頼するのはトラブルに繋がります。
事前に大家さんや管理会社へ許可を取り、認められた場合のみ修理依頼することができます。
また、物件によってはお抱えの水道業者が決まっていることもあるため、自身の好みで修理業者を選べないケースも考えられます。
そして賃貸の場合は、水道工事を行う上での修理費用が必ずしも自己負担になるとは限りません。
原因が経年劣化など自身の過失でない場合は、管理側の負担となることがほとんどです。
よって水道工事の費用面に関する相談もあることから、いずれにしろまずは大家さんや管理会社へ問い合わせるのが賢明でしょう。

業者依頼の前に応急処置を施そう

水トラブルが発生!まず行うことは?

水トラブルが生じた場合、業者依頼する前にまずは応急処置をおこないましょう。
水漏れなら、止水栓の閉鎖が必要です。
一旦水漏れを喰いとめないと、そのまま水は流れ続けますから、被害が拡大します。
水道代の負担が増すのはもちろんのこと、浸水範囲が床や壁にも広がると後処理も大変です。
木材が腐敗する懸念もありますので、出来る限り水漏れの範囲を狭めることが重要です。
給水管もしくは給湯管からの水漏れなら、止水栓を閉めるととりあえず収まります。
よって該当箇所の止水栓を閉めましょう。
たとえばキッチンであればキッチンに設置された止水栓を、浴室であれば浴室水栓の止水栓を回して閉めます。
止水栓はタイプによってマイナスドライバーが必要なタイプもあります。
ハンドル式であれば手で回せば閉鎖できるため、種類に応じて対処しましょう。

止水栓はどこにある?場所とタイプをチェック

水漏れ時の費用相場

水漏れ時における修理費用は、修理の内容によって大きく変わります。
下記の表をご参照下さい。

水漏れの修理内容 費用相場の目安
ネジ締めなど簡単な調整作業 5,000円~15,000円程度
パッキンなどのパーツ交換 8,000円~15,000円程度
水栓本体の交換 20,000円~50,000円程度

簡単な調整作業やパッキン交換などですと、部品代がほぼかからないため、費用としてはそこまで高くはありません。
経年劣化などで水栓本体に不具合が生じている場合ですと、パーツ交換をおこなってもすぐにまた不具合が起きる可能性が高いです。
その際は水栓自体の交換にて対処が必要になりますが、選ぶ本体代によって費用が大きく変わってきます。
グレードが高い水栓を選べばその分費用が加算されるため、修理費用における部品代の割合によって金額が左右されがちです。

簡単なパッキン交換であれば自分で対処できることも

単水栓のパッキン交換の手順

水漏れの原因が部品の経年劣化である場合、業者に頼らずとも自分で対処できる可能性が高いです。
自分で修理をおこなえばパーツ代のみで済むため、大幅な費用節約になります。
特に水栓のパッキン交換は、素人でも比較的やりやすい修理内容です。
そのため余裕があるようなら、業者へ依頼せず自分で対処することを考えてみてもよいでしょう。
参考として、単水栓のパッキン交換手順は以下のようになります。

単水栓パッキン交換手順

  • 止水栓を閉める
  • ハンドルがねじ止め式の場合は、レンチでネジを緩める
  • そのままハンドルを上部に持ち上げて取り外す
  • 露出されたナットを工具で緩めて解体する
  • 三角パッキンが見えるため、新しいものへ交換をおこなう
  • 逆手順にて組み立て直し、水漏れが収まっているのを確認する

つまり除去における費用相場

水漏れ以外に、つまりが発生して業者を呼ぶ場合もあるでしょう。
つまり除去におけるおおよその費用相場は、以下の通りです。

つまりの修理内容 修理相場の目安
簡単な調整作業 5,000円~15,000円程度
薬剤を使用したつまり除去作業 8,000円~15,000円程度
トーラーを使用したつまり除去作業 20,000円~40,000円程度
高圧洗浄によるつまり除去作業 30,000円~50,000円程度

つまりの程度が軽ければ、薬剤の使用で状態が改善します。
その場合であれば費用はそこまで高くありません。
一方で配管内に汚れがつまっているような時は、洗浄作業が必要となります。
主にトーラー作業や高圧洗浄を施すことになりますが、このような機材を投入する場合ですと費用が高くなる傾向にあります。
他にもトイレのつまりですと、便器の脱着をおこなうかという点が価格を大きく左右する要素になりやすいです。
便器の脱着をする場合、おおよそ1万円~2万円程度の費用が加算となるのが一般的です。

トーラーや高圧洗浄はコードの長さで料金が変わる

トーラーや高圧洗浄は、使うコードの長さにて料金が変わるケースが多いです。
たとえば3メートルまでは基本料金、その後1メートル追加ごとにプラス料金といったような料金体系です。
そのためコードの長さ次第で、費用が大きく左右されます。
配管の奥でつまりが起きた場合や2階以上でつまりが発生すると、必然的に使うコードが長くなりがちです。
このようなパターンの時には、追加料金がかかる可能性が高いことを覚えておくとよいでしょう。
また追加料金の設定は業者によりけりですから、なるべく良心的な価格のところを選ぶようにするのもポイントです。

配管工事を伴う場合の費用相場

水栓の不具合であれば修理費用はそれほど高くなりませんが、配管工事を伴う場合は高額修理となりがちです。
目安として、部分的な配管の補修であれば1~2万円程度、配管全体の敷き直しとなると30万円以上の出費が予想されます。
そのため水栓ではなく配管に不具合を起こしている際は注意が必要です。
修理規模が大きくなるほど費用も膨れますので、信頼できる業者に依頼しなければなりません。
配管は頑丈そうに見えますが、モノである以上経年劣化は避けられません。

注意ポイント

設置からある程度期間が経過すると配管異常が生じることもあります。


配管交換は、交換範囲により大きく金額が変わるため、業者の見積もりをよく確認するようにしましょう。

お住まいの環境次第では追加料金発生の可能性も

水道工事を行う場合、自宅から水道本管の距離が金額を決める要素になります。
家から水道本管までの距離が遠いほど、水道引き込み工事は高額となる傾向にあるからです。
基本的には30万円~50万円程度が相場ですが、環境次第ではさらに数十万円の追加出費となる可能性も否めません。
また、配管工事においても家の環境次第では壁の取り壊しなどが必要です。
ケースによっては大規模なリフォームを余技なくされることもあるため、まさしく配管工事に関してはケースバイケースです。
単なる水栓の不具合と違って、配管に問題があるケースは大きな工事となることが多いため、しっかりと業者を選ばなくてはいけません。

良い水道業者を選ぶために見るべきポイント

水道業者の中には、手抜き工事は当たり前の悪質業者も存在します。
もちろんこのような業者はほんの一握りではありますが、紛れ込んでいるのが実情です。
また悪質業者とまでは言わなくても、技術力やサービス力がイマイチな業者もあるため、良い業者の見極めが大切です。
良い業者に出会うためには、細部まで把握したうえで頼む必要があります。
業者選びで見るべきポイントについて、解説します。

料金体系

良い業者を見極めるには?料金の注意点

見ておきたいポイントとして料金体系があげられます。
単純に設定金額が相場からズレていないかという点を確かめましょう。

注意ポイント

極端に相場から離れた料金設定の業者は、何かしら訳ありの可能性が高いです。
相場よりも明らかに高い場合ですと不当に料金を請求する業者なことがありますし、安すぎる場合も手抜き工事をされる恐れがあります。


きちんと相場内に収めている業者を選びましょう。
また、料金体系の分かりやすさも見ておくべきポイントです。
優良業者はシンプルな料金体系のところが多く、お客様目線で費用項目を設けています。
一方で不明瞭な費用項目を沢山設けている業者は、追加費用で稼ごうとしている可能性もありますから注意しましょう。

修理実績

良い業者を見極めるためには、修理実績の確認も欠かせません。
実績のない業者に依頼してしまうと、修理後の不具合など思わぬトラブルに遭遇してしまう懸念があります。
水道修理においては価格も大事ですが、肝心の技術力も重要な要素です。
技術力を判断するための分かりやすい指標が修理実績になりますので、依頼前に必ず修理実績を確かめるようにしましょう。
修理実績はホームページなどで公開している業者が多いです。
きちんと実績を公開しているということは自信の表れでもあります。
どのような修理を年間で何件程度こなしているのか、チェックするとよいでしょう。

実績を確認しましょう

サービスの充実具合

サービス内容に関しても、見ておきたい部分です。
業者による特色が色濃く出る点でもありますので、満足度を高めるためには魅力的なサービスを実施している業者を選ぶのがおすすめです。
特に水道業者が実施しているサービスとして多いのが、下記のような内容です。

サービス内容

  • クレジットカード対応
  • 即日対応
  • 24時間対応

また他にもリフォーム相談にも応じてくれたり、適応可能な保険の種類を教えてくれるなど、独自のサービスを展開している業者もあります。
修理料金が同じ場合、サービス内容が充実している方がお得です。
業者選びにあたりつい疎かにしてしまいがちな部分でもありますが、ぜひじっくりと見比べてみましょう。

自宅までの距離

自分に合った水道業者を選ぶためには、自宅までの距離というのも案外大事です。
近場の業者であれば、当然ですが早く駆けつけて貰えます。
水トラブル時は一刻を争う事態なケースもあるでしょうから、近場の業者であることに越したことはありません。
また後々アフターサポートなどを依頼したい場合も、近場の業者であれば利便性が高いです。
もう一つ、近場の業者を選んだ方が良い理由として、地域密着店ならではの信頼度の高さがあげられます。

ポイント

地元を中心に活動している地域密着型の水道業者は、地元での評判が全てです。
そのため悪い評判が立たないよう、丁寧に対応してくれる可能性が高いです。


一方、複数地域で営業している業者の場合、自分が依頼した店舗に専門スタッフが常駐しているとは限りません。
有資格者に必ず担当して貰えるとも限らないですから、技術力という面では、地元で評判の良い地域密着型の店舗に頼った方が安心な場合もあります。

口コミの良さ

口コミのチェックも大事

良い業者を選ぶためには、口コミのチェックも大事です。
ある程度規模の大きな業者であれば、利用した人の体験談がネットに転がっているはずです。
実際に利用した人の意見を読めばどんな業者か予想がつくため、貴重な判断材料になります。
口コミであれば良い点だけではなく悪い点に関しても知れるため、総合的に判断して業者選びをおこなうことができるはずです。
SNSや口コミサイトを活用し、業者に関する情報を集めましょう。

主婦
口コミを見るうえで注意点ってありますか?
やはり全てが真実とは限らない点ですね。中には嘘の情報もありますから、すべてを鵜呑みにはしないようにしましょう
職人

即日対応の可否

即日対応の可否に関しても、業者選びにおけるポイントの一つになるのではないでしょうか。
水トラブルは予期せず発生することが多いです。
前々から水漏れの兆候があったとしても、ある日いきなり激しい水漏れを起こすなど、思わぬ事態に遭遇することも珍しくありません。
あらかじめ修理道具などを準備しておく間もなく不具合が起きた場合、やはり頼りになるのは即日対応できる業者です。
すぐに駆け付けてもらえれば、その分被害範囲を抑えることができます。
利便性の高さを考えると、即日対応してもらえる業者が魅力的なのは間違いないでしょう。
ただし業者によっては、休日の依頼ですと休日料金が加算されるところも多いです。
休日に駆けつけてもらえたとしても、費用負担が増す可能性は高いため、休日料金の設定はよく確かめておきましょう。

保証の有無

業者選びで失敗しないためには、保証の有無に関してもしっかりと見ておくべきです。
どんなに腕の良い修理業者も人である以上、修理ミスを犯さないとは限りません。
そんな時のために、施工に対する保証がきちんと付いていると安心です。
水道修理は高額になることも多いですから、不具合の際に保証が付いていないと大きな負担を負うことになってしまいます。
再度修理を依頼する費用が実費となるため、安心面を重視したいのであれば保証に関しては重視して選んだ方がよいでしょう。
またPL保険に加入しているかという点も着目するのがおすすめです。
PL保険は賠償責任を負うような事態に発展した場合、損害分を補える保険となります。
きちんと保険に加入している業者であれば損害賠償を支払ってくれるでしょうから、利用するうえでの安心に繋がります。

水道業者選びで失敗しないためのテクニック

水道業者選びで失敗しないためのコツ!

世の中には無数に水道業者が存在します。
そこから優良な水道業者を探し出すのは、案外大変な作業です。
特に水トラブル発生時という余裕がない状態で水道業者を選ばないといけないため、じっくりと選ぶ時間が取れないという場合もあるでしょう。
水道業者選びを成功させるためには、いくつかコツがあります。
そのコツさえ押さえておけば、ハズレの業者を引いてしまう可能性は大幅に下げられるはずです。
失敗しないためのテクニックを見ていきましょう。

相見積もりを取る

水道業者を決める際には、相見積もりを取ってから選ぶのがおすすめです。
2~3社から見積もりを出してもらいましょう。

相見積もりを取りましょう

見積もりを見比べることで相場観を養うことができ、相場からズレた料金設定をしている業者を避けられるはずです。
比較材料があった方が、妥当な価格か判断しやすいでしょう。
また複数社の見積もりを取ることで、業者の態度も見ることができます。
言葉遣いや身だしなみなどをチェックできる、貴重な機会です。
自ずと頼みたい業者とそうでない業者の線引きが出来るでしょうから、嫌な業者に頼んでしまうリスクを軽減できます。
手間はかかりますが、相見積もりを取ることは失敗回避に繋がるため、面倒でもおこなっておくべきでしょう。

ただし見積もり料で稼ぐ業者に注意

相見積もりを取ることは失敗回避のための有効な手段ですが、注意点もあります。
業者によっては見積もり料で稼ぐようなところも存在するからです。

注意ポイント

たとえば見積もり無料となっている業者でも、キャンセルしようとした場合に別の項目で費用請求してくるところがあります。


また、業者によって見積もりは無料でも出張費がかかるケースも多いです。
最初から出張費に関して触れていれば問題ないですが、何のお知らせもないまま出張費を取るところも存在します。
よって見積もり後のキャンセルがどのような扱いになるのか、しっかりと確かめておきましょう。
キャンセルが完全無料になっているか確認してから、依頼することが大事です。

事前見積もりの有無をチェック

事前に電話で見積りを聞いてみましょう

業者選びで失敗しないコツとして、事前見積もりの有無を確認するとよいでしょう。
事前見積もりとは、業者が現地に駆けつける前の段階で出してくれる概算の見積もりです。
電話などでの受付時に話を聞き得た情報を基に、状態を推測して見積もりをおこなってくれます。
優良な業者であれば事前見積もりをおこない、さらに現地でもう一度正式な見積もりを取るのが一般的です。
話を聞くだけでもおおよその費用は検討が付きますので、その時点で情報を開示してくれます。
おおよその費用を伝えることで、お客様側に選択肢を与えているのです。
一方で事前見積もりを取らないまま現地に駆けつけてこようとする業者は、不親切と言わざるを得ません。
現地に来られるとキャンセルしにくくなるため、その心理を利用して契約を取るような業者も存在します。
まともな業者であれば事前見積もりを出すのが通常ですから、業者を見極める判断材料となるでしょう。

一つ一つの項目が明確か確認

また単に事前見積もりを出してくれるだけでなく、一つ一つの項目が明確になっているかというのも重要です。
悪徳業者の場合、よく分からない名目で費用加算してくるケースが非常に多いです。
逆にまともな業者は、何に対する料金なのか項目に対して不明瞭な点がありません。
分からない点に関して尋ねれば、しっかりと説明してくれるはずです。
事前見積もり時には総額を聞くだけではなく、詳細に関して問題がないかチェックすることも欠かさないようにしましょう。

水道局指定工事店になっているか確かめる

分かりやすい判断指標として、水道局指定工事店になっているか確かめると良いです。
配管などの工事を行えるのは、自治体の水道局から許可を得た業者のみに限られています。
パッキン交換などの単純な作業であれば許可不要でできるものの、ある程度手広くおこなっている業者であれば許可を得ているのが普通です。

注意ポイント

水道局指定工事店になっていない業者がおこなう水道工事は違法行為となります。
利用者が知らずに頼んだとしても、ペナルティとして水道の供給をストップされることもあるため要注意です。


よって基本的には水道局指定工事店となっている業者を選ぶのが無難でしょう。
自治体の水道局ホームページから簡単に調べられますので、許可の有無を確認しておきましょう。
とはいえ、水道局指定工事店となっている業者なら必ず優良業者かと言えば、そうではありません。
あくまでも許可を得ているのは最低限の基準で、技術力に関しては業者によりけりです。
よってあまりにもひどい業者を避ける目安にはなるものの、水道局指定工事店であれば安心と言うわけではないでしょう。

ホームページの充実具合も判断ポイント

ホームページの充実具合も、優良業者を見極めるポイントになります。
きちんと事業をおこなっている業者の場合、ある程度作りこんだホームページとなっているのが当たり前です。
従業員も顔出しし修理実績を載せるなど、利用者に信頼してもらえるような情報をいくつも提供しています。
一方で情報をほとんど載せていない実態が不明な業者は、避けておくのが無難です。
悪質な業者の中には頻繁に名称を変えながら営業しているところもありますので、実態が掴めない業者には注意しましょう。

主婦
依頼前にホームページの確認は必須ですね
とはいえホームページを作りこむことはいくらでも出来ます。口コミなど他の情報と合わせて、トータルで判断するようにしましょう
職人

まとめ

水道工事は状態によっては高額になることがあります。
ちょっとした水漏れやつまり修理であれば1万円~2万円程度で収まるものの、本体交換をする場合や機材投入が必要な時は数万円単位での出費が避けられません。
また配管に異常がある場合も高額になりやすく、ケースによっては数十万円ほどの出費となることもあります。
同じ修理をおこなうのであっても、業者次第で金額は変わります。
そのため高額になりがちだからこそ、信頼できる業者を選ぶことが何よりも重要です。
業者選びにおいては単に価格の安さだけを見るのではなく、多方面から判断して選ぶことも大切です。
技術力はもちろんのこと保証の有無やサービスの充実具合など、細部まで見てから決めることが失敗回避に繋がります。

ポイント

1社だけでなく複数社を比較すれば判断しやすくなりますので、相見積もりを活用するのがおすすめです。

おすすめ記事

1

水回り器具メーカーの最大手といえばtoto、その名は今や日本国内にとどまらず世界各国でのシェアも拡大し続けています。 100年以上の歴史の中で築き上げてきた信頼性は製品の中にも表れ、常に時代のニーズを ...

2

トイレを利用した後、タンクから流れる水で手を洗うことのできる便利な手洗い管ですが、ここから水漏れを起こすことがあります。 トイレタンクの手洗いから水漏れしているようだと気づいたら、今すぐできる対処方法 ...

-業者

© 2021 水道職人の教科書