トイレ

タンクレストイレが詰まった時は?詰まりの修理方法や業者の選び方

タンクレストイレが詰まった時はどうしたら良いのでしょうか?
ここではトイレのトラブルとして代表的な詰まりの修理方法について紹介します。
詰まりの原因をはじめ、詰まりを解消するために効果的な修理方法、さらには業者に修理を依頼する場合の選び方なども見ていきましょう。
タンクレストイレが詰まってしまうと非常に不便です。
できるだけ早く詰まりを解消し正常にトイレを使用するためにも、いざという時にどう対処すれば良いのかを知っておくことが大切です。

タンクレストイレが詰まる原因は?

まずはタンクレストイレが詰まりを起こす原因について考えてみましょう。
トイレの詰まりというのは、基本的には排水管に異物が詰まることで発生します。
異物が邪魔になって水が流れて行かなくなり、やがてトイレから溢れてしまう形です。
問題は何が詰まっているのかですが、異物としてはさまざまな物が考えられます。
本来なら水に溶ける・流れるはずの物や、水に溶けにくい物、さらには水にまったく溶けない完全な固形物なども原因になる場合があります。
具体的にどんな物が該当するのかまとめておきます。

水に溶ける・流れる物 トイレットペーパー 排泄物
水に溶けにくい物 ティッシュペーパー 掃除用ウェットシート ペット用の砂
固形物 メガネ ボールペン等

こうした物がそれぞれ詰まりの原因となります。
ここで記載した物以外でも、水に溶けなかったり流れないような物は詰まりの原因になる可能性があります。
いずれにしても何らかの異物が排水管に引っかかり、留まってしまうと水の流れを妨げて詰まりを引き起こします。
普段から詰まらないように気をつけることも大事ですが、いざ詰まった時に正しく対処し修理することも大事なことです。
ではなぜ上記のような物でトイレが詰まるのか、より詳しく見ていきましょう。

タンクレストイレの詰まりの原因は?

水に溶ける物も大量だと詰まりの原因になる

トイレットペーパーや排泄物などは通常、詰まりになる一番の原因です。
トイレットペーパーは水に溶けるように作られていますし、排泄物も必ずトイレに流す物です。
しかし、これがつまるのです。

注意ポイント

トイレットペーパーの使いすぎは要注意です。
また、固い便、量の多い便大きな便も流す時に要注意です。

水に溶けるとはいえあまりに大量のトイレットペーパーを一度に流そうとすると、溶け切らずに詰まってしまうことがあります。
それに、上記の様な排泄物が一緒に流れればこれは詰まってもおかしくありません。
トイレを詰まらせるほどとなるとかなりの量になりますが、トイレットペーパーの使用量は個人差もあり、たくさん使いたいと感じる方もいるでしょう。
そうした方は意識的に使いすぎないよう注意してみてください。
基本、多くのつまりは便器の出口で発生します。

詰まりの多くは水に溶けにくい物を流したことが原因

タンクレストイレの詰まりの原因としてもっとも多いのが、水に溶けにくい物を流してしまうケースです。
たとえばティッシュペーパーですが、トイレットペーパーとは違いトイレで使用することを想定していません。
そのため水に溶けにくく、トイレットペーパーよりも格段に詰まりやすくなっています。
ですがトイレットペーパーを切らしてしまったなどの理由で、一時的にティッシュペーパーを使うなどして詰まらせてしまうケースがよく見られます。
また、便座などを掃除するための掃除用ウェットシートや、ペットのトイレに使う砂などはトイレに流せると表記されている商品も珍しくありません。

ポイント

安心してトイレに流していると詰まりの原因になることがあるので注意しましょう。
流せると言ってもトイレットペーパーなどと同じく、一度に大量に流すと詰まりを起こします。
掃除用ウェットシートやペット用の砂などは少量ずつ流すようにしましょう。

当然ですが、トイレに流せると書かれていないような商品に関しては、トイレには流さず別な方法で処分しましょう。
やはり詰まりの原因になってしまいます。

意外に多いトイレへの落とし物

タンクレストイレの詰まりの原因として意外に多いのが固形物を落としてしまうというものです。
一昔前は携帯電話が原因のつまりが多くありましたが、最近のスマホは大きいのでトイレに落としても便器内には入りにくい様です。
携帯電話(ガラケー)が私達の生活に定着した結果、トイレにも携帯電話(ガラケー)を持っていくという人もかなり多くなりました。
結果として携帯電話(ガラケー)をトイレに落としてしまうというトラブルも多く見られ、詰まりの原因となっていました。
この他、ボールペンやメガネも詰まりの原因として挙げられます。
こちらも肌身離さず身に付けている物で、ついうっかり落としてしまうことも出てくるでしょう。
いずれも固形物ですので水に溶けることもなく、便器の出口で止まってしまい、その後流れてくる排泄物やトイレットペーパーを止めてしまう事で完全なつまりとなってしまうのです。
放置しておいても自然に流れていくということはまずありませんし、そもそもすぐに取り出したい物です。
こうした固形物が詰まった場合は便器を脱着して取り出します。

主婦
タンクレストイレはさまざまな要因で詰まることがあるんですね
職人
これはタンクレスに限らず、従来のトイレでも一緒です

タンクレストイレが詰まったらどうやって修理すればいい?

ここからはタンクレストイレが詰まってしまった時の修理方法を解説していきます。
トイレの詰まりというのは原因や状態によっては自分で修理することも可能です。
詰まりの原因を取り除いてあげれば水は正常に流れるようになりますが、その方法を見ていきましょう。
タンクレストイレの詰まりはいつ起きるかわかりませんし、どの家庭でも起こり得るトラブルです。
いざという時に慌てないためにも、正しい修理方法を把握しておくようにしましょう。

修理を始める前の準備

タンクレストイレの詰まりを修理する際には、まずはしっかりと準備をしましょう。
まず最初に電源コンセントを抜いて下さい。
自動洗浄トイレの場合、センサーで勝手にトイレを流してしまいます。
つまって汚水や汚物でいっぱいになった便器に水が流れてきたら、あふれて大変な事になってしまいます。
次に止水栓を閉めましょう。
念の為ですが、万一間違って作動してしまっても水が流れてこない様にです。
基本タンクレストイレ(ネオレストやサティス等)ならコンセントを抜いてあれば大丈夫なはずです。

次にトイレ内の養生です。
詰まりの修理作業中は汚水が周囲に飛び散るおそれがあります。
そのため事前にトイレ内部の養生をしておきましょう。
ビニールや新聞紙を敷いておくことで水に濡れるのを防げます。
ビニールシートが理想的ですが、必ずしも家にあるとは限らないので新聞紙が便利でしょう。
不要になった新聞紙を敷いておき、水が飛び散っても大丈夫なようにしておきます。

ラバーカップを使った修理方法

タンクレストイレの詰まりをラバーカップで直す方法

トイレの詰まりを修理するもっとも一般的な方法がラバーカップを使う方法でしょう。
すっぽんとも呼ばれていて、棒の先端にカップ状のゴムが取り付けられている道具のことです。
使ったことがあるという方も多いかもしれません。
使い方も簡単なため、自分で詰まりを解消させることも十分に可能です。
使い方ですが、まずはラバーカップを便器内の排水口に当てます。
便器内にはラバーカップの先端ゴムが隠れる位の水を溜めます。
もし汚水でいっぱいの場合は、少し汲み出して下さい。
しっかりと押し込んだら次に引き上げます。
この時、ゴムが便器から離れない様にして下さい。
これでトイレ内部の異物を取り除くことができる仕組みです。
ラバーカップによって詰まりが解消されると、徐々に水が流れていくはずです。
詰まりが解消されたようなら一度、二度バケツで水を流してみて、水位が正常に戻るか確認してみましょう。
正常なら詰まりが解消されたということです。

注意ポイント

ラバーカップを使う時の注意点ですが、トイレに十分な水が溜まっていないと効果を発揮しません。
ですのでもし便器内に水が無いという場合は、バケツなどを使って本来トイレの便器内にあるくらいの量の水を足しましょう。

その状態でラバーカップを使います。
トイレットペーパーなどの軽度のつまりの場合であれば、ラバーカップを使うことで詰まりを解消できるかも知れませんが、なかなか解消出来ない場合は無理をしないで下さい。

真空パイプクリーナーを使った修理方法

タンクレストイレの詰まりを真空パイプクリーナーで直す方法

タンクレストイレの詰まりを修理できる道具として、真空パイプクリーナーという物もあります。
基本的な仕組みはラバーカップと同じで、真空状態を作り出すことで異物を除去します。
ラバーカップよりも強力な圧力をかけることができるのが特徴で、ラバーカップでは解消されなかった詰まりも解消できる可能性があります。
一般的な家庭だとラバーカップは常備しているが真空パイプクリーナーは無いということも多いと思いますが、ホームセンターなどで入手できます。
使い方もラバーカップと同じで、水の溜まった状態の便器内に先端のカップを押し込み、勢いよく引っ張ります。
この動作を何回か繰り返すことで水に圧力がかかり、詰まっている異物を取り除くことが可能になります。
基本的な使い方がラバーカップと共通しているので、初めて使うという場合でも扱いやすいのは助かります。
しかもラバーカップよりも強力ですから厄介な詰まりも解消できる可能性が高く便利です。

注意ポイント

ただし、古い集合住宅での下水詰まりの場合には、圧が強すぎると便器と床の接続部より水が漏れ階下漏水する事がありますので十分注意して行って下さい。

詰まりの修理としてやるべきではないこと

詰まりの修理としてやるべきではないこと

トイレが詰まった時、自分で修理を行うなら基本的にはラバーカップか真空パイプクリーナーを使いましょう。
これ以外の方法は効果的ではなかったり、さらなるトラブルの引き金になる可能性があるなどの理由でやるべきではありません。
具体的に避けた方が良い方法としては以下のようなことが挙げられます。

詰まり修理で避けた方が良い方法

  • 熱湯を使う
  • ワイヤーブラシを使う
  • 見よう見まねで便器を外す

以上のような方法は詰まりの解消に効果的と言われることがありますが、実際に皆さんが行うのは危険です。
たとえばトイレットペーパーが詰まった時、水ではなく熱湯を流すことでトイレットペーパーが溶け、詰まりが解消されると言われます。
ですが実際にはトイレットペーパーは水でも溶けるようにできていますし、大量に詰まっている場合は熱湯を流してもそれほど大きな違いはありません。
しかも高温の熱湯をトイレ内に流すことでトイレに負担がかかり、最悪の場合は便器が割れてしまうといったトラブルにもなりかねません。
お湯を使うにしても40度から50度くらいの温度に抑え、熱湯は使わないようにしましょう。

主婦
タンクレストイレの詰まりは正しい修理方法を覚えることが重要ですね
職人
効果的な修理をすることでトラブルを解消できます。逆に効果的ではない方法も知り、そうした方法は避けるようにしましょう

タンクレストイレは詰まりやすい?

今回はタンクレストイレの詰まりに焦点を当てていますが、実はタンクレストイレはタンク式トイレよりも詰まりを起こしやすい場合もあります。
1つのケースは水圧が足りていない時です。
タンク式トイレの場合、タンク内に水を溜めておいてその水を使って洗浄を行います。
毎回一定の量の水が一定の水圧で流れるため、安定して洗浄をしやすく異物も詰まりにくいというメリットを持っているのです。
一方でタンクレストイレはタンクがなく、省スペースで見た目もスッキリしているという特徴があるものの、トイレを流す時に使われる水は水道管から直接供給されています。
特にマンションの高層階などで、必要な水圧が足りない場合、流れる水の勢いが不十分になることがあります。
するとトイレットペーパーなどがしっかり流れきらず、便器内に残ってしまう事があります。タンクレストイレが絶対つまりやすいという事はありませんが、
もしご家庭のトイレの水圧が低い、流れる水の量が少ないと感じる場合は水量の変更を試してみましょう。

ポイント

タンクレストイレの場合、流れる水量をトイレに設置されている操作盤、リモコンで変更できるようになっています。
水量を増やすことでより勢いよく水が流れるようになり、詰まりの予防が可能です。

具体的な操作方法についてはメーカーごとに違いますので、取扱説明書を見るなどしながら正しく操作してください。

修理方法を実践しても詰まりが解消されない場合はどうする?

トイレの詰まりはラバーカップや真空パイプクリーナーを使うのが効果的と紹介しました。
ですがこれらの方法で修理をしてみても詰まりが解消されない場合も出てくるはずです。
また、ボールペンなどの固形物を落としてしまい、取り出すこともできず困ってしまうということもあるでしょう。
こうした時は無理をせず業者に修理を依頼しましょう。
プロに任せることで厄介な詰まりを解消させられます。
ラバーカップや真空パイプクリーナーを使う方法は自分でも実践できて便利ですが、重度の詰まりには対応できないことも多いです。
比較的軽度な詰まりに有効な方法と言え、詰まりが深刻な場合はやはり業者に依頼するのがベストな方法となります。
そこでここからは業者に依頼する場合を想定し、業者の選び方を見ていきましょう。

タンクレストイレの詰まりを業者に修理してもらう際のポイント

タンクレストイレを業者に修理依頼する場合に注目すべきポイントとは?

自分で修理するのが難しい場合、最終的には業者に依頼して修理してもらうことになります。
ここで問題になってくるのがどの業者に依頼するのかという点です。
トイレの詰まりを修理してくれる業者はたくさんあり、その中から1つを選ばないといけません。
同じ修理作業をするにしても、料金は各業者で異なります。
また、しっかりと修理をしてくれるのか、すぐに対応してくれるのかなど、料金以外にもチェックするべきポイントはあります。
そこでタンクレストイレを業者に修理してもらう際に注目すべきポイントを把握しておきましょう。
注目したいポイントは以下の通りです。

業者に依頼する際の注目すべきポイント

  • 料金
  • スピード
  • 実績
  • アフターフォローの有無

これら4つポイントに注目しておくと、業者選びで失敗することがなくなります。
料金についてはしっかり注目する方が多いと思うのですが、大事なのは料金だけではありません。
スピードや実績、アフターフォローの有無もチェックしましょう。
それぞれ具体的にどんな点に注目すれば良いのかもまとめておきます。

料金 相場の範囲内か、出張料や見積もり料は無料か
スピード 即日修理、深夜や早朝の修理に対応しているか
実績 実績豊富で技術力に期待できそうか
アフターフォローの有無 修理後のトラブルなどにも対応してくれるか

タンクレストイレの詰まりで業者を利用する時は、こうした点に気をつけながら業者選びをしましょう。

料金は見積もりで事前にチェックしよう

タンクレストイレの詰まりを修理するのにかかる料金は業者ごとに違います。
複数の業者の料金を比較し、相場を把握しつつなるべく安い料金で修理してくれる業者を見つけられるのが理想です。
そこで重要になってくるのが見積もりです。
見積もりを依頼することで事前に修理にかかる費用を知ることができます。

ポイント

できれば複数の業者に見積もりを依頼し、見積もり結果を比較しましょう。

料金を比較することで最安値で修理をしてくれる業者が見つけられますし、相場も見えてきます。
トイレの詰まりを修理する際の料金は、簡単な作業なら5,000円から10,000円、作業が大掛かりになる場合で20,000円からくらいが相場となります。
つまりこの金額内に収まっている業者は料金的にも適正だということです。
相場よりも高いのはもちろんですが、相場と比較して極端に安い場合も注意しましょう。
悪質な業者で、修理後に追加料金を要求するなどして結果的に高額になってしまう可能性も考えられます。
適正料金かどうかを調べるためにも見積もりを出してもらい、料金をチェックするようにしましょう。
また、事前に見積もり料は無料かという点と、出張料が無料かも確認しておきましょう。
見積もりや出張にも料金が発生するとそれだけ高くついてしまいます。

すぐに修理に駆けつけてくれるか、スピード感をチェック

タンクレストイレの詰まりはすぐにでも解消したいトラブルです。
そこですぐに修理に来てくれるかどうかも重要なポイントとなります。
依頼をしたその日のうち、つまり即日修理してくれるのはもちろん、深夜や早朝でも修理してくれるかも事前に確認しておきましょう。
忙しいなどの理由で修理を数日後などにされてしまうと、その間とても不便な思いをします。
修理を依頼したら時間帯に関わらずすぐに来てくれるのが理想です。
ただし、ここで注意したいのが深夜や早朝の修理における追加料金の発生です。

注意ポイント

業者によっては深夜や早朝に修理に来てもらうと、割増料金が追加で発生することがあります。

この場合は出費がより多くなってしまうので、できれば深夜や早朝であっても通常の料金で修理してくれる業者を探しましょう。
また、急ぎでないのであれば深夜や早朝は避け、日中に修理に来てもらうことも検討しましょう。
すぐに来てくれるかというスピード感は重要ですが、同時に追加料金の有無も確認します。
そうすることで費用を最小限に抑えつつ、最短でトラブルの解消が狙えます。

実績豊富な業者ほど信頼できる

どの業者もプロですから専門的な技術・知識を持っているのは間違いありません。
ですがそんな業者間でも技術力に差が出るのが現実で、依頼するならより高いと技術力を持った業者が良いと言えます。
そこで参考になるのが過去の実績です。
たとえば、これまでの修理実績が100件の業者と、10,000件の業者がいたとします。
修理料金が同じだった場合、どちらの業者を選ぼうと思うでしょうか?
多くの方が10,000件の実績を持つ業者を選ぶはずです。
より多くの修理をこなしており、技術力も高いと推測できるからです。
このように過去の実績は業者ごとの技術力を表す指標となります。
修理を依頼する際はホームページなどを見て、過去の実績を調べてみましょう。
実績豊富な業者ほど技術力が高く、信頼できる業者である可能性が高まります。
もちろん実績だけで判断するのではなく、料金など他のポイントも含めて総合的に判断することが大切ですが、実績も判断基準の重要な1つになると考えましょう。

アフターフォローが充実していると安心

修理が完了した後のアフターフォローも事前にチェックしておきましょう。
アフターフォローが無い業者に依頼してしまうと、後で何かトラブルが起きた時に困ります。
別な業者を探さなくいけなくなったり、追加で料金がかかったりします。
万が一の事態に備えるためにも、アフターフォローの有無は必ずチェックしましょう。
また、アフターフォローがある場合は具体的にどんな対応をしてくれるのかも聞いておきます。
アフターフォローが充実していれば安心して修理を任せられますし、いざ何か起きた時も困りません。

主婦
業者に修理を依頼する時は失敗しないように理想の業者を選ばないといけませんね
職人
料金だけでなくスピード感を実績など、さまざまな角度から業者を比較しましょう

まとめ

タンクレストイレが詰まった場合、自分で修理することも可能です。
ラバーカップや真空パイプクリーナーを使い、詰まりの原因を除去しましょう。
自分では修理が難しい場合は業者に依頼することになります。
料金の他、技術力やアフターフォローの有無なども確認し、信頼して任せられる業者を探すことが大切です。
でないとトラブルの原因になったりしますし、詰まりの解消にも時間がかかることがあります。
まずは自分で修理する方法を把握し試してみて、それでも詰まりが解消されない場合は信頼できる業者に修理を依頼しましょう。

おすすめ記事

1

水回り器具メーカーの最大手といえばtoto、その名は今や日本国内にとどまらず世界各国でのシェアも拡大し続けています。 100年以上の歴史の中で築き上げてきた信頼性は製品の中にも表れ、常に時代のニーズを ...

2

トイレを利用した後、タンクから流れる水で手を洗うことのできる便利な手洗い管ですが、ここから水漏れを起こすことがあります。 トイレタンクの手洗いから水漏れしているようだと気づいたら、今すぐできる対処方法 ...

-トイレ

© 2021 水道職人の教科書